「ModuleApps」累計5000万ダウンロード突破

2020.12.16

サービス

ロケーションバリュー、公式アプリ開発サービス「ModuleApps」が累計5,000万ダウンロードを突破
〜今年に入ってから3密を避け非接触の機能に需要〜

株式会社NTTドコモのマーケティング分野における新規事業型子会社である株式会社ロケーションバリューは、同社が提供する国内最大級の公式アプリ開発サービス「ModuleApps(モジュールアップス)」として共同開発したアプリが、2020年12月現在、累計5,000万ダウンロードを突破いたしました。

アプリ開発サービス ModuleApps 累計5000万ダウンロード突破

ロケーションバリューは、日本のスマートフォン黎明期である2011年10月よりModuleAppsを用いたアプリ開発支援サービスを開始して以来、多くの企業と共同でアプリを開発してまいりました。ここ数年は、スマートフォンの普及とともにアプリを用いたデジタル会員証が浸透したことが、アプリダウンロード数の増加に大きく寄与しました。今年に入ってから3密を避ける対策や、ユーザーとのリアルの接点の代わりとなるデジタル接点を増やしたいという企業のニーズが高まっており、アプリの導入を検討している企業からの問い合わせが急増しました。

累計アプリダウンロード数が4,000万件を突破した2020年2月以降も、スーパーマーケット、ホームセンター、自動車ディーラー、食品メーカー、旅行業界などで活躍する大手企業を中心に数多くの企業の公式アプリを共同開発してまいりました。これらの企業に対しModuleAppsでは、会員証やポイントカード、プリペイドカードのデジタル化といったユーザー体験の向上や、プッシュ通知機能を用いた情報発信による来店頻度の向上効果をもたらしております。

また、最近では企業のデジタルマーケティングに対する理解が深化し、各種デジタルマーケティングツールを用いて自社製品・サービスのユーザー行動を分析し、ユーザーのLTV(ライフタイムバリュー)の向上を図りたい、というニーズが増加しております。

これに対応すべく、ロケーションバリューは米国発祥の行動分析ツール「Amplitude」の日本国内での総合代理店の認定を獲得しました。これにより、ロケーションバリューがアプリ開発を支援した企業は、アプリのみならずWEBやオフラインでのユーザー行動までも一体として把握し分析するサービスや、ユーザー遷移の可視化によるUI(ユーザーインターフェース)/UX(ユーザーエクスペリエンス)の向上施策提案、売上向上の鍵となる行動指標の特定支援などのサービスを受けることが可能となっており、一部企業においては既に導入し、活用されております。

ロケーションバリューは、今後も「ModuleApps」や各種データドリブンマーケティングソリューションの提供を通じて、「企業と消費者のコミュニケーション」を活性化し、双方に新しい価値を提供し続けてまいります。

※ 本プレスリリースに記載されている商品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

ニュース一覧

Contact

ロケーションバリューに関する
ご意見・お問い合わせは
こちらから受け付けております。

お問い合わせ