ロケーションバリューとWOVN、多言語対応スマホアプリを実現、提供へ

2020.07.21

サービス

株式会社NTTドコモのマーケティング分野における新規事業型子会社である株式会社ロケーションバリューと、アプリ多言語化ソリューション「WOVN.app(ウォーブン・ドットアップ)」を提供するWovn Technologies株式会社は、多言語対応スマホアプリを実現し、提供を開始しました。

■協業の概要
ロケーションバリューは、国内最大級の公式アプリ開発サービス「ModuleApps(モジュールアップス)」を通じて、実店舗を持つ国内大手企業をはじめ多数の企業へ、公式アプリの開発から運用、分析、改善までをワンストップで提供しています。ModuleAppsは「モジュール」と呼ばれるあらかじめ開発した豊富なアプリ機能(サンプル・雛形)から、必要な機能を組み込むことで自社オリジナルの公式アプリを短期間で開発できます。また標準機能以外にも、Best of Breed(注1)の考え方を基に、最適な機能をオーダーメイドで柔軟に開発できます。

「WOVN.app」は、「世界中の人が、全てのデータに、母国語でアクセスできるようにする」をミッションに、ネイティブアプリを最大41言語(75の言語地域)に多言語化し、海外戦略・在留外国人対応を成功に導く多言語化ソリューションです。これから開発する予定のアプリはもちろん、すでにリリースしているアプリにも「WOVN.app」のSDKを組み込むことができ、多言語化に必要なシステム開発・多言語サイト運用にかかる、不要なコストの圧縮・人的リソースの削減・導入期間の短縮を実現します。WOVN.appは、メディア・動画/クーポン/EC/予約/SaaS/交通/ファイナンスなどあらゆるアプリに対応できます。

昨今の日本企業のグローバル化促進や在留外国人増加の影響を受け、ModuleAppsが得意としている、実店舗のスマホアプリに対する多言語対応のニーズが高まってきております。そこで、Webサイト・アプリ多言語化の分野で豊富な実績を持つ、WOVNが提供するWOVN.appとModuleAppsとシームレスに連携する事により、これまで大幅な工数が必要とされていた多言語化に伴う開発が必要無くなり、スマホアプリの多言語対応を低価格・短納期で提供することが可能となりました。

また、これまで分断されていた統計データについて、Webとアプリ双方にWOVNの仕組みを導入する事により、多言語データの互換利用を可能にし、より一層ビッグデータの活用を行えるようになります。

(注1)Best of Breed(ベストオブブリード)企業のシステムやソフトウェア、データベースを構築する際に、ベンダーやアーキテクチャーの違いにこだわらず、各分野でそれぞれ最適な製品を選定して組み合わせる手法

■ModuleAppsを使った多言語対応スマホアプリのイメージ

■今後の展望
ロケーションバリューとWOVNの協業により、実店舗をもつ企業のスマホアプリの多言語化を、低価格・短納期で対応可能にすることで、グローバル対応可能なオムニチャネル化を促進します。日本企業のグローバル化はもとより、外資系企業が日本に進出する際の障壁もなくし、そして消費者に対するより豊かな多言語体験を創出してきます。

ニュース一覧

Contact

ロケーションバリューに関する
ご意見・お問い合わせは
こちらから受け付けております。

お問い合わせ